うつ病をしると事前に改善をするこもできるので知ることは大切

女性に増えている

若い女性に増えているプチ鬱の症状とは

ここ数年のうちに、若い女性でプチ鬱病になる方が急増しています。一般的な鬱病はほとんど1日中、毎日精神が落ち込んだ状態が続くことが特徴です。ですが、プチ鬱病の症状の特徴は、週に数日だけ、あるいは一日の内で主にタ方から夜にかけて発症します。 プチ鬱病の具体的な症状は、まず夜になると不安やイライラを急速に感じるようになります。また、食べ過ぎたり、眠りすぎたりもします。そして最大の症状の特徴は、意味もなく涙が出てきます。普通、悲しいことを体験することで、涙は流れるものです。ですが、プチ鬱患者のケースでは、理由もなく涙が出てきます。そして、泣いた後に悲しさを感じます。 プチ鬱の症状は、普通のうつ病よりも症状は比較的軽いです。よって、周囲も本人も病気に気づきにくく、うつ病より治りにくいです。

病気を改善するための方法

プチ鬱を放置してしまうと、本格的にうつ病を発症してしまうことになります。よって、プチ鬱を改善するためには、自分なりの予防方法を見つけることがカギとなります。プチ鬱の症状を改善するには、まずは思いっきり涙を流して泣くと良いです。このように涙を流して泣くことは、自然と体に溜まっていたストレスが解消されます。そして、心も体もリラックスした状態に導くことができます。 その他にも、鬱を改善するには深呼吸をすることも大切です。深呼吸には、体内のリラックス神経と呼ばれる副交感神経を活発にする作用があります。そのため、リラックスホルモンと呼ばれるセロトニンがたくさん分泌されて、不安がなくなる効果を得られます。なので、一日に何回か深呼吸をするようにすると良いです。

症状を発見するためにできること

世界的に増えていると言われている鬱病患者の人数。ですが、実はあなたもうつになってしまっているという可能性を完全に否定することはできません。理由は、鬱病の症状はとてもわかりずらいとも言われており、なんとなく気分が悪いということが原因といわれています。 病院に行っても風邪ということでなかなか鬱病になっていることが分かりずらいという環境になっていることが分かりますが、その病に侵されているということをしっかりとつきとめる為にも人間関係や悩み事のモヤモヤの状態が続く感じ(鬱病の症状)であれば、なるべく休みなどを利用して病院やカウンセリングに行って相談するという事をするべきではないでしょうか。 早め早めの対応で変わるということが分かっておくだけでも十分違うということをしっかりと知るべきということには変わりありません。

ページのトップへ戻る