うつ病をしると事前に改善をするこもできるので知ることは大切

落ち込みだけではない

メンタル面の落ち込みだけが症状ではない

鬱の症状というと一般的に連想されやすいのは精神的に重い気分になって何もできなくなったり、滅入ってしまって何も考えられなくなったり何もかもが嫌になってしまうといったメンタル面に現れる症状です。 しかし、鬱の症状には、他にも突然呼吸が苦しくなって目が回り、息ができないような状況になることや、手が震えだしたりするなど、フィジカル面に症状が出てくる場合もあります。 メンタルに出る場合もフィジカルに出る場合も、過度なストレスを抱えすぎてしまった場合に症状が出てきます。ですので、心臓などの内臓に何の問題も抱えていない人が突然呼吸が苦しくなったり目が回るといった症状が発症した問時は鬱を疑い、心療内科等で診察を受けたほうが良いのです。

鬱が発症しやすい時期について

上記の通り、鬱はストレスが要因となって発症するものです。 しかし、鬱が発症しやすいタイミングとして気をつけておくべき時期があります。 具体的な例としますと、例えば仕事で徹夜が続いているといったように過度なストレスを受け続けている時期 はどちらかといえば低いです。一方で過度なストレスを受ける時期が終わり、スケジュールに余裕が出たタイミングが危険な時期です。張りつめていた糸が緩んでしまった時というのが、鬱のが発生しやすい時期なのです。 また、一度鬱を発症した時期と同じ時期(例えば今年3月に鬱と診断され場合は来年の3月)も要注意です。一旦症状が治まったように感じていても、発症から丸1年の頃に再発するケースも散見されます。 したがって、これらの時期をいつも以上に慎重に乗り切れれば、鬱とは無縁の生活を送れる可能性が高くなるのです。

ページのトップへ戻る